スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- | スポンサー広告
大脱走!!!
110522.jpg
相も変わらず仕事が忙しいです。  が給料は激安です。

カルメル亡き現在、自室のペットスネークはビアンカ1匹となりました。
レオパードゲッコウのレオは今年で4歳。 ビアンカは2歳になります。
去年の秋頃しばらく拒食ボーイと化していましたが、今年に入ってから急に食欲が増したのか
とにかく食べます。今までの拒食は一体なんだったのか、でも有難い事です。

そんなビアンカですが、実は先日まで2週間近く行方不明となっておりました。
ビアンカに関してはこれで3回目の脱走です…  自分がどれだけ不注意なのか情けないT_T)

■ビアンカの脱走履歴
・プラケのフタについてる小窓をこじ開けて1回目。
・ケージの掃除中、別ケージに移動→目を離した1~2分の隙に2回目。
・大きくなったので亡きカルメルのケージへ移動を検討→2週間近くに及ぶ大脱走。


過去の脱走がどれも比較的早く発見していたので、今回も近くにいるだろうと
かなり甘く見ておりました…  何事も無く見つかったから良かったものの、猛反省です。
ベッドを動かしても居ない、タンスを動かしても居ない、机を動かしても、中を見ても…  いない。
部屋にある物全て、本から服から荷物から、全部ひっくり返しても…  いない。
捜索を諦め、飲み水を設置してからあくる日
仕事に行ってる間 母親が部屋のドアと窓を全開にしてしまったらしく
最悪の場合ビアンカは 姉の部屋orリビングのどこかor両親の寝室or見当もつかないどこか。
血の気が引いたままの大捜索でした。
部屋の面積は縦横3m以下、半分はベッド+残り半分に家具なので
御世辞にも「広い」とは言えないのが 不幸なのか、幸いなのか。 
途方に暮れた頃、知り合いの爬虫類オーナーさんにヘルプを求め、罠を仕掛けて…
アドバイスを貰った次の日、仕事から帰ってドアを開けると部屋のド真ん中に鎮座しておられました。
「そのうちヒョッコリ出てくるだろうから、頑張れー」
と言われた次の日、ヒョッコリどころではない再会でした。

そんな迷子騒動の当人はしっかりマウスを食べ とぐろを巻いています。
良かった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きに今回試した罠(?)とかちょっとした事
続きを読む
スポンサーサイト
[2011/05/21 | ・ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
皮一本
101125.jpg
しばらくペット記事を描いていなかったので 本日脱皮したカルメル(の皮)。
蛇の皮って本当眼球の皮まで剥けるから不思議。人間もこれくらいズルッと剥けたら
さぞ気持ち良いだろうて。  鱗1つ1つ、顔の模様までクッキリ分かれててなんだかすごく綺麗。
が、カルメルは水入れのタッパーの中で脱皮と共に脱糞します。
故に、画像じゃニオイまで伝わらないのが残念でなりませんが、実物はめちゃ臭いです(↑▽↑)
いや、普通にケージの隅っことかで脱皮してくれれば臭いのはウンコだけなんですが
ウンコ水に半日以上浸かってた皮です。臭くて当然です。
昔は脱皮した皮を取っておいて、成長記録にしようなんて思ってましたが
今となっては見慣れた物なので水気をきってゴミ箱にポイしました。

皮の話はこれくらいにして、当のカルメル。
7ヶ月の完全拒食を経て、騙し騙しですが少しずつ食べるようになってきました。
本当、ボールパイソンの拒食って難しいなぁ… 「特に拒食しやすい蛇」って聞いてたし
飼う前から分かってた事だけど、まさかこれ程とは。食べる時は普通に食べてくれるんですけどね!
食べない時は頑として口を開けず、餌を避けていきます。
とりあえずカルメルに関する記事は「やっと食べた!」 …みたいな内容が殆どだと思います。
拒食しては餌を無駄にし、このままでは死んでしまう と散々悩まされた日々…。
拒食の理由は休眠期だとか、本当に極僅かな環境の変化だとか
怖いイメージを持たれている方が多いと思いますが、 とっても繊細な生き物です。
まだ2年半の付き合いだけどこれからもよろしく頼みますよ。

そして、もう1つ最近頭を悩ませている三男のビアンカ
以前までピンセットから受け取っていた餌をすっかり受け取らなくなり、置き餌が基本だったんですが
もう置き餌ですら食べなくなってしまいました。
かれこれ1ヶ月…サイズ的にまだ大丈夫な範囲ではあるけど このまま食事をとらないと
体の成長がとてもじゃないけど足りない。ほんの少しではあるけど痩せてきている。
ホッパーが嫌なのかと、ピンクを与えてみたり温めてみたり…以下略… 困った…。
気の荒いラットスネーク、拒食代表ボールパイソン  切実に大食い王カリキン様がほしいです…↑▽↑)
とか言ってたら、以前「1匹あげようか?」って声をかけて貰ったんですが
残念。私の部屋ではもうケージが置けないの… 。

今日解凍したリタイアはカルメルがペロリ。 ビアンカに用意したピンク×2は残されてしまったので
レオパに食べて貰いました。 食べてくれるって有難い。
爬虫類飼育で一番気がかりなのは  食べるか   食べないか。
強制未体験の私にはまだまだ課題になりそうです。。。。。。
[2010/11/25 | ・ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
半年ぶりの進歩
100913.jpg
7か月の拒食期間脱却?の予兆を見せていたボールパイソンのカルメル君ですが
昨日ようやくリタイアマウスを受け取り、半年ぶりにまともな食事をとってくれました。
ピンクで釣らなくても餌を見た瞬間に猛突進。
出会って間も無い頃もこんなふうに食べてたね~と1人懐かしい気持ちになってました。
彼に関しては散々拒食とムラ食いに悩まされているので、ケージから飛び出る勢いで
がっついてくれると本当に安心します。 拒食→餓死 なんてのも聞きますもんね。
が、勢いが良すぎて今回ダイレクトに1発喰らいました。この間はちょっと歯が当たったくらいだったけど
今回は下顎・上顎の痕がクッキリ残っちゃってます。
いつも30㎝くらいの竹ピンセットで餌を渡しているのですが、極度の空腹だった事と
私が素手でマウスをいじっていた事・不用意に手を出した事が問題っぽいです。
私は私で「食べさせるなら今しかない!!!!!!」と血流しながら1人カーニバルだった訳ですが(笑)

大人しい事で有名なボールとはいえ、ボア・パイソンの仲間は比較的牙が長いらしく
感覚的には針で刺された!…くらいの表現が一番近いかと思います。傷そのものはとても小さくて
内出血だけしてる感じ。 ハムスターに噛まれる方がよっぽど深くて痛いです。
画像では腫れも引いてますが、噛まれた直後は2㎝くらい腫れ上がってたので
毒は無くてもやっぱり菌とか持ってるんでしょうね。(この間ラット様がスプラッターな事になってたし)
今は腫れも引いたので4~5日くらいで綺麗に治りそうです。
しかし、蛇の口の中ってどうなってるのかよく知らないんだけど、変な形に歯型が残りました。
「∩」の形に歯が生えてて、その内側に「ハ」の形の歯型も残ってます。 二重に生えてるの???

一時的に食欲が戻っただけかもしれないけど、この調子で痩せた分を取り戻してもらいたいなぁ。
見た目ではそんなに変わらない気がしますが、持った感じ 痩せた気がします。
一方、ビアンカはピンクLからファジーに切り替えも問題なくいけました。
やっぱり手渡しより置き餌がいいみたいですけど…!
[2010/09/13 | ・ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
ぐちゃぐちゃ毛玉
100906-3.jpg
つなビィにて紹介しましたが、突然 家族が増える事になりました。
生後3ヶ月。マルチーズのエリーさんです。
夕方、仕事から帰って着替えていると母親と共に段ボールから登場。
クッキーの時もそうだったけど 何の連絡も受けて無かったのでそりゃもうビックリ。
よく遊び、よく食べ、よく出し、そして熟睡してます。
7月にクッキーが亡くなって、でも まだまだあの子が居なくなった気がしなくて
お骨を見て現実を確認する なんて事を繰り返しています。ちゃんと最期を見届けたのだけど
亡くなったというよりちょっと用事で祖母の家に預けてる感覚に近いです。
居ないっていうのは充分分かっているけど10年以上毎日顔を合わせていたものだから
ついつい無意識に考えてしまいます。犬の存在ってやっぱり大きいものなんですね。

しかしまぁ、こっちはしんみりした気分だというのに ちょこまか動いてどうしようもなく可愛いエリーさん。
クッキーとは別の子だって分かってるけど、外見が似てるものだからつい重ねてしまいます。
トイレを覚えてないので家中オシッコだらけ。ウンコだらけ……(赤ちゃんだからウンコまで小さい!)
目ダレが出て、あっちこっちに顔を突っ込むものだからグシャグシャですが とっても愛嬌のある子です。
どんな子に育つのかなぁ… 
ちなみにエリーという名前ですが、実はクッキーの血統書上の名前(ブリーダーさんがつけた名前)
だったりします。 私は「ムーニー」って名前にしたかったんですが断固拒否されました(↑▽↑)
…オムツ由来だから??? 呼びやすくて絶対可愛いってのに! OTL
そんな訳でしばらく慌ただしくなりそうですが これからよろしくね。



続きに蛇達の近状です。
カルメルがちょっとスプラッターなのでご注意を!(モザイク処理済)
続きを読む
[2010/09/06 | ・ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
ずっとずっと、大好きだよ。
昨日も少し書きましたが、本日 愛犬クッキーが天国へ旅立ちました。
結局、心臓病の発作は治まらなかったけど家族全員で看取れて良かった。
自己満足的なそんな記事なので収納しておきます。
いつか来るのは分かっているけど やっぱり辛いなあ。



続きを読む
[2010/07/11 | ・ペット | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。